能登半島地震支援活動に関する祈りと協力のお願い No.2

日本福音自由教会構成教会の皆様へ

主の御名を賛美します。

皆様におかれましては、1月1日に発生した能登半島地震による大きな犠牲と被害に対して心を痛め、被災地の方々の慰めと守りをお祈りくださっておられることと思います。先週末、日本福音自由教会協議会役員会より、今後の支援についての第一報を発信していただきました。今後は、災害対策室が、近況や支援の方法などの続報を週一回、週末に発信して参ります。参考にしていただき、教会での具体的な支援にお役立てください。

1.能登ヘルプからの報告
1月25日(木)に能登地震キリスト災害支援会(能登ヘルプ)主催によるZoom報告会が開催されました。それによれば、現状、現地では外部からの支援の大きさ、速さに、戸惑い、追いつけない状況にあります。経験豊富な支援団体が協力にバックアップしてくださっていますが、それでも大変です。支援活動としては、集められた支援物資を輪島をはじめとする被災地域に届けることができています。また、1箇所で炊き出しも行うことができています。けれども、まだボランティアを受け入れる体制にはありません。なぜなら、ボランティアの宿泊施設、ライフラインが整っていないからです。ボランティアが生活できる環境が整い次第、募集が始まる予定になっているとのことです。
物資については、整理が追いついていない部分があるものの、多くの必要があります。能登ヘルプのGoogle form(後述)に入ると、どのような物資が必要かわかるようになっていますので、志のある教会はお送り下さいますようお願い致します。

2.福音自由教会の支援
上記の報告内容から、今後、以下の対応を行っていきます。
①今後の情報収集と発信のために、近日中に現地に災害対策室メンバーを派遣します。
②毎週末にメールにより情報を発信します。
現地の教会は膨大な問い合わせに疲弊しています。できる限り、現地への直接の連絡は避け、上記の情報発信メールや能登ヘルプのFacebookページ、また今後開設されるウェブサイトの情報をご覧下さい。
③災害対策室の支援活動への支援金を継続して募ります。上記のように、能登ヘルプの資金が現時点では潤沢に与えられているため、献げられた献金は災害対策室が行う今後のボランティア派遣、物資の購入等のために用いられます。ご協力をお願いします。
④現地のボランティア受け入れが可能となるか、福音自由教会独自でボランティアの滞在可能な状況を作るかして、ボランティアを派遣する準備を進めます。
⑤能登ヘルプへの物資の送付に関しては以下のフォームまたはQRコードを参照して下さい。
https://forms.gle/3zfKVgu5eK5NBTiH9
注意点として、闇雲な物資送付は避け、現地で必要とされているもののみ、しかも条件に合致する品質のものだけをお送り下さいますよう、お願い致します。

3.祈りの課題
①被災地の方々の上に主の慰めと励ましがあるように、また被災地の方々に水、食料が届き、水道、電気、ガス等のインフラが復旧できるように。。
②被災地にある教会の牧師や信徒の信仰が守られ、強められ、主の平安と守りがあるように。
③能登ヘルプをはじめ、クリスチャンの災害支援諸団体が良き協力関係を築き、主の愛の心をもって被災地に仕えることができるように。
④福音自由教会の災害対策室を中心にした支援活動が、主の御心にかなった働きになるように。

4.支援金送付先口座情報
①ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行からの振込)
口座名 日本福音自由教会協議会
記号 10360
番号 97671391
②ゆうちょ銀行(他の金融機関からの振込)
店名 〇三八(ぜろさんはち)
店番 038
口座番号(普通預金)9767139
銀行名 ゆうちょ銀行
※なお振込みの際には、振込依頼人名の前に、「ノトシエン」と入力下さい。
例)「ノトシエン ○○キョウカイ」

以上

2024年1月27日
災害対策室
室長 大橋謙一

Comments are closed.